フレッツ光ネクストファミリー CTU

NTT フレッツ用 PR-S300SE ルータの通信機器複数接続不能トラブルと改善策

ひかり電話対応機器 PR-S300SE

■ ソフトウェア(ファームウェア) 最新Verはこちら

 ・Version 14.08 (2011/11/29)

■ 無線LAN対応携帯電話設定ツール

 ・Version 2.00 (2010/07/13)

■ マニュアル PDF

バージョンアップ方法 (「手動更新」設定時の場合)

  • 電話機からのバージョンアップ方法
  • Web設定画面からのバージョンアップ方法
PCとPR-S300SEのLANポートがLANケーブルで接続されていることを確認し、
WebブラウザのURL欄に「http://ntt.setup/」を入力します。
[ntt.setupに接続]が表示されます。

[ユーザー名]に「user」と入力し、
[パスワード]に初期設定時に設定した機器設定用パスワードを入力し、

[OK]をクリックします。
■ SC-32SE
まるごと設定ツール 
   本機には無線機能をオプションでPCカード追加で有効するサービスが
ありますが、 NTTに 315円/月別途かかります。
 自動認識させる為他社製無線PCカードでは使えない事が多いので、
設置場所を 取られずにとコンパクトにしたい方とトラブルを回避したい方
にはよいでしょう。
■ SC-32SE
買い取り
中古品ですが2000円チョットで購入できるようです。
32SEまるごと設定ツール

まるごと設定ツール ■ 32SEまるごと設定ツール

 SC32SE_Marugoto_v1_2.exe 約28.1MB

 ダウンロード

 1. [ダウンロード]上にマウスカーソルを重ね、
   右クリックする
 2. 表示されるポップアップメニューの
  [対象をファイルに保存]をクリックする

 詳細はこちらを参照

  SC-32SE取扱説明書(PDFファイル)

 

 PR-S300SE 本体

ルーターとして利用できるLAN端子は4つで、ハブとしては1Gbps接続ができます。 光電話のモジュールは2つです。

  ●正面図 

 

ネクストでは最大速度は100Mbpsに変わりありませんが、電話の質が向上しているようです。
しかし今ではひとつ上のハイスピードタイプが出来ました。

このルータにはすでに無線IEEE802.11a/b/g方式に対応しており、レンタルオプションでカードを追加すれば無線を使用できるようになりますが
( 家庭用ゲーム機器Wiiやプレイステーション3はもちろん、パソコンの無線インターネット)

カード追加 300円/月だったかな?、長い目でみると割高になります。 しかも電波は強くありません。

なので市販の無線ルータを購入してきてDHCP機能を無効にしてアクセスポイント(ブリッシ接続)としての使用をお勧めします。

※NTTさんも電話でそのようなお事をいっておられました。(ぼそっ)

━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━

基本的な接続は終わり、LANケーブル有線でつなぎ直接 PR-S300SE 操作します。

WebブラウザーのURLに手入力します。

192.168.1.1       又は    ntt.setup/

接続するとまずはパスワードの入力画面がでます。

パスワードの入力して下さい

なんでいきなり? 仕様とはいえなんで即Loginできないのか・・・

PW:user と入れて登録させました。

ID:user

PW:user

 

入力してOKボタンをおすと Web操作できるメニュー画面が表示されます。

まずはISP接続設定をします。

光電話の設定は1回線で1端末なら特になにもしなくても即電話が使えます。

 

PC端末が一台で無線のみの人は要注意です。

まずは有線LANでケーブルを直接つなげて設定した方が無難です。

特にNTT提供のCD-ROMから設定しようとしているひとは・・・

なぜなら無線接続ができなくる落とし穴があります。

実際はまった人もおります。



━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━

■有線・無線、単独ではインターネットへ接続できるが、複数同時接続ができない。


高度な設定に入り

LAN1〜LAN4 は自動設定

その下の設定 LAN側MDI/MDI-Xモード (デフォルト値)を 自動設定 にします。

※これは今回の接続機器設定環境での動作報告で、類似案件に全て当てはまるのではないと思いますので、
ご利用者様の自己責任で対処願います。

 ▼詳細設定 → 高度な設定をクリックします

     

   全体図          ↓               ↓   

■AutoMDI/MDI-X とは?

読み : オートエムディーアイエムディーアイエックス

ネットワークカードやハブなどのEthernet機器のポート(コネクタの差込口)には、端子の送受信の割り当ての違いから

MDIとMDI-Xの2種類があります。

両者はちょうど送受信が逆に配置されており、前者はネットワークカードなどに、後者はハブなどに使われています。

MDIとMDI-Xの接続にはストレートケーブルを使い、MDI同士やMDI-X同士の接続にはクロスケーブルを使う必要がありますが、
こうした使い分けは面倒なため、 ハブがこの違いを自動認識して吸収する仕組みが考案されました。
これがAutoMDI/MDI-Xです。

この機能を備えているとハブやコンピュータをつなぐとき、ハブ同士でカスケード接続を行った時も、ケーブルの違いが
気にしなくてよくなります。

このルータ・PR-S300SE はその機能をもっていて、

接続した ハブや無線ルータのポートを自動判別する仕組みです



一般にはあまりなじみの無い言葉ですね。

━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━

UDPポート開放

設定手順の説明

設定前に必ず、ポートを開くパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを確認し設定下さい。
(出来ればIPアドレスは固定化が宜しいでしょう)

設定項目ですが 静的NAT設定 メニューより個別ポート開放設定を行います。

ルータへのログイン

http://192.168.1.1 又は http://ntt.setup/

詳細設定から 静的NAT設定 メニューを選択します。
静的NAT設定項目から設定を行います

エントリ番号
   ↓
   ↓

エントリ番号 優先順位 接続インターフェース 宛先IPアドレス 変換対象
1
       
2
       
3
       
4
       
5
       

優先順位 かならず1から設定
宛先IPアドレス 開放したいパソコン又はネットワーク対応機器のIPアドレス
接続インターフェース名
宛先IPアドレス 開放したいパソコン又はネットワーク対応機器のIPアドレス
変換対象IPアドレス 自分のWAN側IPアドレスを必ず指定
変換対象プロトコル TCPもしくはUDPを選択
変換対象ポート 開放したいポート番号を指定します。
入力できましたら設定ボタンをクリックして作業完了です


自身がPC複数同時接続の設定で苦労しましたので、覚え書きのつもりで掲載しました。

BUFFALO 無線LANルーター WHR-G301N/N ¥2,480 (送料込)

 

本装置と無線ルータは1F玄関において、接続するPCは2Fの4台です。

当初取り付けたルータは 今まで利用していたCorega製ルータ うまくいかないので
最新機器のBAFFALO製

WHR-HP-GN 無線ルータ

BAFFALO WLI2-PCI-G54 内蔵PCIカード →→ ・PLANEX GW-US54GXS
・SPWLCB54GT 無線カード
・ノートPC内蔵無線

近隣のShopで購入したWHR-HP-GN 無線ルータはセール品で¥3980でした。

機器間〜接続出来ましたので結果報告です。

検索しましたら楽天最も安値はこちら↓でした。 

ゲーム/PCで電波がよく届く150Mbpsハイパワー!バッファロー WHR-HP-GN エアステーション 11n/g...

ゲーム/PCで電波がよく届く150Mbpsハイパワー!バッファロー WHR-HP-GN エアステーション 11n/g...
価格:3,444円(税込、送料別)

 BUFFALO 無線LAN WLI2-PCI-G54S

 BUFFALO 無線LAN WLI2-PCI-G54S
価格:3,580円(税込、送料別)


PLANEX GW-US54GXS
CG-WLBARGSX

 

接続設定数日後、 WLI2-PCI-G54Sを あたらに購入したPCへ移植しましたらなぜかルータ親機がみつかりません。

カードは認識されドライバも最新のあて入れ直しても同様。

しかし近隣の親機の電波は拾ってます。なぜか宅内の親機が検索できない。

ノートの子機は接続されているので、再度ルータ見直してみましたが、PC接続に内蔵PCカードのIPはルーティングされていません。
仕方なく手動でMacアドレスSSIDを付与させるも同様。

時間ばかりかかるので、仕方なく USBアダプタの GW-US54GXS をつなげました。
こちらは一発接続で問題なし。

通信速度も機器交換での劣化はあまりないのでこちらで運用する事になりました。 露出になりますが・・・・

 


Canon PIXUS MG6230BK 口コミでは賛否両論


2011年9月にリリースされ、詳しい人特にCanon派には辛口評価であった。

タイの震災の影響で部品供給が間に合わなく、在庫や修理に支障をきたして
いるようです。

3万円程からスタートして2万円後半からズルズルと下がって来ましたが、新製品なだけに
旧型機のような値崩れはしてきませんでした。

今回この辺は妥協して在庫がありヤマダ電機より安い ¥24,800を交渉して
11月下旬に¥23,800のカード5%引き22,600円でケーズ電気で購入しました。

車で10分程の近い店舗では売り切れで在庫なし。
中心街に近い方は20台余は在庫ありとの事であったがTELで予約し値段交渉した。

この暮れでリサーチしましたら安値は22000円前後のようです。

年賀状シーズンが終わって来年の2月になれば2万円切るでしょうね。
旧型機のMG6130BKが18000円程ですからその差4500円程です。


まず、梱包箱がスリムになった。
筐体はやや大きいのであるが、緩衝材をコンパクトにしたためであろう。

不評であったインクタンクやはり小さく、スケルントンで残量が見えない。
これはユーザー意向無視ではないであろうか?

しかも、初期のものはサービス品で容量が少ないので、特に需要の高い暮れは
同時にインクパック購入をおすすめしたい。

灰色は追加されている。



BCI-326GY グレー 単色



インクタンクBCI-326 (BK/C/M/Y/GY) + BCI-325 マルチパック BCI-326+325/6MP 6色






折りたたみぺラのかんたんマニュアルをさら〜と読み
<インクヘッドはすでに本体に固定されている>

インク6色セットし本体初期設定、ヘッド位置調整用シートで印刷した。
電源投入後5分以上かかる (なんかとても長く感じる・・・)

さて、今回は無線LAN接続を試したいと言うことで本体のメニューから無線LANを選択し
手動で無線親機スキャン走査させて該当のSSIDを選択し暗号をカーソルから選んで入力確定!

すんなりとここまで作業出来た。

時間の掛かるCDからのドライバをアプリ郡であるが約35分と表示が出た。
不必要なものはチェックを外し20分強でネットワーク設定画面となった。

ここで無線LAN自動認識されてスムーズに移行されると思いきや、無線選択メニューがない!

USB接続の待機でケーブルを指すしかないようなのである。

もう一度最初から試したが、やはり無線LAN単体の自動選択にならない。

本日発送で今回時間をかけれないのでLANケーブルを差して、一旦ケーブルで認識させる。

認識後、やっと無線接続のメニューが出た!

こちらもSSIDと認証パスワードを入力して確定し、有線順位が無線になった所で
接続先ポートを確認し、USBケーブルを抜いた。

本体にUSBケーブルは同梱されていないが、無線設定にはLANケーブルは必須かも知れない。

注意されたし! <有線LANでは設定しておらず未確認>


WPS接続での無線LANセットアップ方法の場合はこちら参照 <2011/11/28>

・『プリンター本体』の画面で[WPS設定]を選び、OK ボタンをタッチします。
・[プッシュボタン方式]を選び、OK ボタンをタッチします。
[ PIN コード方式 ] を選んでOK ボタンをタッチしたあと、画面の指示に従って、
本製品とアクセスポイントを操作してください。

・OK ボタンをタッチします。
・アクセスポイントのWPSボタンを長押し(5秒程度)し、2分以内にプリンターのOKボタンを
タッチします。
・画面が表示されたら、OKボタンをタッチし、ホームボタンをタッチします。



電源投入から初期印刷まではやはり時間がかかる。
名刺サイズでは紙送り時微妙に(0.2〜0.5mm程度)名刺縦セットで右側 印刷後横長にした場合は
下方向にズレました。
この名刺は背景全面印刷であった為、上部が未印刷で素地が白く出ました。

A4テキストはMPのそれよりもやや早く、振動と騒音も若干少ないようでした。

スキャナーですが読み取ったデータを、直接スマートフォン等へ保存することが可能ですが
まだ未実証です。

4800dpiの高精細CISスキャナを搭載されていますが、色が薄く冊子や折り目のある紙では
影が出やすく、文字や色がぼやけます。

※上位機種のMG8230はccdで厚みのある本とかでもスキャンが綺麗です


スキャンしたデータをUSBフラッシュメモリーやSDカードに保存出来ます。
保存前に液晶モニターでプレビュー確認が可能で保存形式もJPEGまたはPDFが選べます。

家庭や職場でオフラインでスキャン画像を素早く保存してPCで処理したい場合は重宝しそうです。

また、DVD/CDレーベルプリントは継承してガイドトレイ仕様でPC経由せずともメモリーカードの
データから印刷が可能です。

MP系は『らくちんCDダイレクトプリント for canon』を使用していましたが
MG系では『Easy-PhotoPrint EX』 に統合されました。

私はこのソフトが無いのでCDとWebで検索してしまいました。(^^;


Canon 5292B001 A4カラーインクジェット複合機 PIXUS MG6230BK Black

Canon 5292B001 A4カラーインクジェット複合機 PIXUS MG6230BK Black


Canon 5292B017 A4カラーインクジェット複合機 PIXUS MG6230WH White

Canon 5292B017 A4カラーインクジェット複合機 PIXUS MG6230WH White


Canon PIXUS MG6230 (ブラック)

Canon PIXUS MG6230 (ブラック)
価格:24,800円(税込、送料込)



 


EPSON Colorio インクジェット複合機 EP-804 カラー3色から選べます。

この秋の家庭用本命複合プリンタ EP-804 シリーズ

発売日:2011年 9月15日

有線・無線LAN標準対応
カンタンLEDナビ搭載 6色染料インク

本体サイズ(H×W×D):H150×W445×D386mm
発送重量: 12 Kg


■主な特徴

・6色染料インクだから高画質
・無線LAN標準対応
・メールで送ってプリントできる
・自動電源OFF機能
・スマートフォンからプリントOK



\21,800 Amazon    送料込 ※お勧め!

 


Canon PIXUS インクジェット複合機 ブラック MG6130BK

機能

メーカーページはこちら  レビュー動画

2011年4月購入 事務所のMP600と交換しました。
USB接続以外にネットワーク対応で 有線・無線 が標準で利用できますので重宝します。

デザインが一新され筐体は光沢のある黒とシルバーの2種類です。
黒は表面は塗装はしておらず表面成型ですが、シルバーはその黒に表面塗装しているらしいです。
操作パネルはタッチパットになって必要なキーだけ光ってナビしてくれます。


以前のMPより横幅が広くなってまして、自作した棚の枠に収まりませんでした。

MG6130 外寸: 470×368×173(mm)   → 比較 横幅:+20 奥行:-19 高さ:-19 (mm)
MP600  外寸:450×389×194(mm))

インク
MP600〜610 BCI-7e系  4本+黒1本
MP620〜640 BCI-321系  4本+黒1本

MG6130   326系 5本+黒1本

価格コムで最安値、送料込みで\18,200です。

 

 

楽天では送料別で \18,000 でした。